Milk tea ...

口に出せ その想い..

CALENDAR RECOMMEND ENTRY COMMENT TRACKBACK CATEGORY ARCHIVE LINK PROFILE OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -

懐かしい けど ほろ苦い

 
初めてこの作品に出会ったのは、もう7年も前になるのか。
中学生のころ 友達から借りて読んで。絵柄と作風に惹かれた
誰もが作品の中では主人公のようで。
そしてみんなが、何かを悩み 恋をし 毎日を過ごしていて
過去に悩みを持つ人も多いし なんだか共感できる面が多々あった

たまに本棚から(最終的に買ったので)取り出しては きゅんとしたり
心をぎゅっとつかまれた感覚になってた
特に あゆ、 真山だけをみて 一途にいて でも振られしまって
好きな人が 他の女性と 仲良くしていくところを自ら見ることを望んで。。
女の心が 表れているな〜 というか 自分もそう感じるのかなって

竹本君は本当に素朴というか 親近感の沸くキャラ
憎めない。自分探しのたびに出てみたり はぐに恋をしたり。
主人公なんだけど 彼ばっかりが出てくるわけでもなく。
私も 自分ってなんだろうと 高校時代悩んだでそのときには彼をふとおもいだした

みんな悩むのかな なんて おもったらその時少し気持ちが楽になったのも覚えてる

この作品があって 羽海野チカさんの本 読むようになり 画集を買い
10代の一部でもあるのかななんて(*・∀・*)

本当に大好きで 何度も読みたいって思う ほっこりしつつほろ苦いお話です
| 漫画/アニメ | comments(0) | - | posted by ねぎ - -

スポンサーサイト

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -

Comment









<< NEW | TOP | OLD>>